会長のご挨拶

市民のみなさまへ
 一般社団法人戸塚区医師会ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
 戸塚区医師会は横浜市医師会並びに横浜市各区医師会、神奈川県医師会、日本医師会との連携に基づき、地域医療の質の向上、医療体制の充実を図ることによって、戸塚区民の健康増進に寄与することを目的としています。
 戸塚区医師会は平成28年4月に現在の場所(戸塚区戸塚町・消防署横)に移転しました。休日急患診療所、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業の運営を行うとともに、平成28年5月からは医療と介護を結びつける相談窓口として、「在宅医療相談室」を設置し、その運営は行政と密に連携し行っています。
 医師会会員の活動内容は、乳幼児健診、特定健診、一般健診、各種がん検診の実施、小中学校の学校医、幼稚園医、保育園医、介護保険審査員、地域ケアプラザ協力医、休日診療と夜間診療(桜木町、南西部)への出動など多岐にわたっております。また例年11月の戸塚区民まつりでは、医師7名による健康相談を行っております。市民公開講演会は例年10月頃に医師会にて開催しています。
 戸塚区内には横浜医療センターをはじめとする14の病院がありますが、病院同士の連携強化(病病連携)にも医師会は積極的に協力しています。具体的には本年度から医師会理事として病院長等3名の医師に加わっていただき、本年度は理事24名のうち勤務医が6名となっています。例年6月には医師会主催で病診連携会議を開催し、診療所と病院のスムースな情報のやりとり(病診連携)や、地域の診療所同士の協力体制(診診連携)の構築にも積極的に取り組んでいます。また震度6弱以上の地震発生のシナリオのもとに、災害時の医療体制づくりについても、行政や戸塚区薬剤師会と連携しながら力を入れて取り組んでいるところです。
 これからも戸塚区医師会は戸塚区民の皆様の健康増進のために戸塚区医師会員全員で努力してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

戸塚区医師会へ入会を希望される医師の方へ
 現在会員数は約270名です。新規会員としては戸塚駅および東戸塚駅周辺や在宅医療専門のクリニックの医師の加入が増えています。また横浜市医師会の方針により、研修医・専攻医の入会者も年々増加しています。会員内訳は、診療所長等開業医が65%、病院長を含む勤務医が35%の割合です。戸塚区医師会は横浜市医師会の下部組織になりますので、入会希望の方は戸塚区医師会HPの入会のご案内のページをご覧いただくとともに、横浜市医師会のHPもご覧ください。医師会に入会しますと医賠責保険へも加入することができます。戸塚区医師会では各種クラブ活動を通じて会員相互の親睦にも力をいれています。お気軽に戸塚区医師会までお問合せください。

戸塚区医師会会長
会長 悦田 浩邦


【戸塚区医師会の歴史】

昭和14年4月 鎌倉郡内の1町7ケ村が横浜市に合併し戸塚区が誕生。横浜市戸塚区医会誕生。
昭和38年 戸塚区医会から戸塚区医師会と改称。
昭和44年 戸塚区より瀬谷区が分区す。
昭和54年 横浜西部総合保健センター設置(医師会、歯科医師会、薬剤師会)。
同年10月 休日急患診療所開設。横浜市公有財産の無償貸付契約を結ぶ。
昭和61年 戸塚区より栄区、泉区が分区す。
平成11年7月 戸塚医会訪問看護ステーションの開業。
平成22年4月 休日急患診療所で耳鼻咽喉科が開始。
平成25年3月 歯科医師会、薬剤師会が退会。
平成25年4月 社団法人横浜西部総合保健センターから、一般社団法人戸塚区医師会メディカルセンターに移行。
平成27年12月 一般社団法人戸塚区医師会に変更。
平成28年4月 原宿から戸塚町への移転にて戸塚休日急患診療所新規開設。
平成28年5月 戸塚医会解散後、戸塚区医師会事業として訪問看護ステーション・在宅医療相談室・居宅介護支援室開設事業開始。
平成31年4月 戸塚区医師会発足80周年

【戸塚区医師会歴代会長】

ただいま作成中です。


アクセス・地図

▲ページの先頭へ